ナイトアイボーテの口コミ【最新版】!本当に簡単に二重にできるの?

ナイトアイボーテが蒙古襞(もうこひだ)もクセ付け?やっかいな一重もこれで解消!

 

 

ここでテーマになっている「蒙古襞(もうこひだ)」ってご存知ですか?

 

「聞いたことがある。」と言っても正確な場所のことですよ。

 

蒙古襞は、日本人をはじめ文字通り東洋系(モンゴル・アジア系)に多いまぶたの形状。

 

 

図のように、目頭から中にかぶさって、「ガッツリ一重になってしまっている。」「目が小さく見える。」「涙丘が見えない。」など悩みはつきません。

 

目頭を覆っている皮膚のことで、寒い季節に眼球を守るために発達したものと言われていますが現代となっては必要ないですよね・・・

 

純日本人の顔だちの方はほとんど大なり小なり蒙古襞の可能性もあります。

 

しかしこの蒙古襞って、「なかなか二重になりにくい」「カタチを作っても並行二重になりにくい。」ってことで厄介なんです。

 

ですから生まれつきこの蒙古襞で悩まれている方も多いでしょうね…

 

ナイトアイボーテってこの蒙古襞までパッチリ二重グセを付けてくれるんでしょうか?

 

 

蒙古襞が分厚い人は二重にするのも時間がかかる!

 

 

ナイトアイボーテは、接着のりによって寝ている間に二重のクセを育成していく商品です。

 

ですから、より「クセの付きやすいまぶた」の方が速く二重になれるわけですね。

 

薄くて柔らかいまぶたの持ち主の方がクセ付けしやすいと言えます。

 

では、分厚い蒙古襞にクセ付けするのは難しいんでしょうか?

 

どうしても付かなかった、つくには付いたけど並行二重にはならなかった、という人もいらっしゃいますので解決策を検証してみたいと思います。

 

 

まぶたのストレッチエクササイズ

 

 

蒙古襞は、目頭近くについていますので、ここが広がればいいんですよね。

 

少し時間がかかりますが、「目頭ストレッチエクササイズ」をしてみましょう。

1)両手の人差し指または親指(やりやすい方)で目頭を内側に抑える

 

2)そのまま、内側に軽く引っ張る

 

3)30秒かけてもどす

 

1〜3を数回回繰り返します。

 

あまり強くすると赤くなったりしますのでほどほどにしてください。

 

エクササイズの時に、舌を出して「あっかんべ〜」するのも表情筋が鍛えられていいともいいますね。

 

人前ではできませんが(^^;

 

このエクササイズを空いた時間にやっていると、蒙古襞が柔らかくなって、やがて目頭の部分が広がっていく可能性も大きいです。

 

それからナイトアイボーテを使うとうまく折り込めたって方も多いですよ。

 

 

矯正テープを使う

 

 

市販で「蒙古襞矯正テープ」があるのを知っていました?

 

使う時間があればこれを使ってみるといいでしょう。

 

代表的な商品に「アイパッチリン」って言うのがあります。

 

夜ナイトアイボーテ、昼矯正テープ、と併用したらうまくいったって方もいました。

 

 

目の下のむくみをなくす

 

 

蒙古襞って目頭の部分ですのでそこにいしきが行きがちですが、あえて目の下の余分なむくみがないかもチェックしてみます。

 

目の下がむくんでいると、せっかく大きく見せようとする目頭の部分が小さく見えてしまいます。

 

目の下の部分も軽くマッサージしたり、クマができないように生活習慣を考えるのもいいですね。

 

 

目頭メイクでカバーするのもアリ!

 

 

どうしても蒙古襞が厚くてどうにもならない、並行にはクセができないって方は、アイメイクでカバーしましょう。

 

詳しく説明すると長くなりますので簡単に。

 

 

1)アイラインはリキッドタイプを細く引く

 

まつ毛の間に引くようにすればOKです。

 

2)目頭にラインを足していく

 

アイラインとくっつくように目頭に少しづつ足していきます。

 

3)下にラインも引くとなおOK

 

目頭で折り返して、まぶた下に数ミリラインを入れてアクセントを出します。

 

これでOKです。

 

何度か繰り返して自然な感じに仕上がるようにしましょう。

 

 

白系のメイクだと目立ちにくい

 

白系のアイライナーやアイシャドウを使うとよりナチュラルです。

 

やり方は黒のラインと同じですが、目頭を濃くしすぎると不自然な感じになりますのでラメのように光沢の多くないパール系でしてみるといいですね。

 

 

目頭切開メイクは検索するとたくさん出てくるのでご自分にあった方法を試してみましょう。

 

 

やっぱりすっぴんでもナチュラル並行二重がいい!

 

 

蒙古襞は確かに厄介ですが、まぶたのコンディションを整えることによって並行二重で繋がっていきます。

 

ナイトアイボーテを使うときも、あせらず気長にやってみましょうね^^

 

 

>気になる口コミを見てみる?