ナイトアイボーテ【重要】綺麗な二重の作り方ってどんな方法があるの?

綺麗な二重の作り方ってどんな方法?

 

 

ここでは人気のナイトアイボーテ綺麗な二重の作り方を紹介します。

 

皆さんそれぞれのやり方があると思いますけど、いちばんスタンダードな方法をのせておきますので参考にしてみてくださいね。

 

 

綺麗な二重って?

 

考えて見れば綺麗な二重ってどう定義すればいいんでしょうか?

 

まとめてみました。

 

@理想とする末広二重または平行二重になっていること

 

A左右が均等になっている事

 

B顔つきや輪郭に合っていて全体のバランスがいいこと

 

C「作った感」がない自然な二重

 

以上4つが「綺麗な二重」って言えます。

 

1つ1つ見ていきましょう!

 

理想とする末広二重または平行二重になっていること

 

 

日本人は蒙古襞(目頭を覆うまぶた)があるため、一重の人や奥二重の人が多いです。

 

そのため頑張って二重にしたら末広二重になることが多いですね。

 

ワタシ的にはこのナチュラルな末広二重で十分だと思います。

 

もしどうしても外人さんやハーフさんみたいな平行二重にしたければ、やり方はありますけど、かなり印象は変わってきますよね。

 

あと、年齢を重ねた時にアンバランスな感じになってしまう事もあります。

 

その辺をよく考えてからナイトアイボーテを使えばいいと思います。

 

 

左右が均等になっている事

 

 

当たり前ですね(^^)

 

よく、二重作成中でも、朝起きると片っぽ一重に戻っていたとか、昼間に戻ったとかになると悲しいですね。

 

また、左右の幅が極端に違うと不自然に見えます。

 

できれば鏡で映しても対象になるような二重が理想ですね。

 

 

顔つきや輪郭に合っていて全体のバランスがいいこと

 

 

当たり前のことですが、女性でも男性でも、一重でカッコいい、可愛い人はたくさんいます。

 

TVに出ている人でもあげればきりがないほどです。

 

私の友人にも一重でホントに可愛らしい和風美人がいたのですが、あるころからコンプレックスに思ったのか、二重のアイプチをし出しました。

 

聞いてみるとやはり「二重の人がうらやましい…」ということでした。

 

明らかに一重の方が可愛いし自然なので、私をはじめ友人が説得して今はもとに戻ってます。

 

一重でも整っている人はたくさんいますので、一度相談できる人何人かに聞いてみてからでもいいですね。

 

二重にしてもバランスが悪いと後悔しますよ。

 

 

「作った感」がない自然な二重

 

 

アイプチやテープ、絆創膏なんかで目を作るのが上手な人はいいんですが、不自然な感じになることも少なくはありません。

 

特に二重幅を思い込みで決めて広くしすぎちゃうとまさに「作った感」満載の二重になってしまいます。

 

二重まぶたのクセを作るときはあくまでナチュラルな感じから始めていってください。

 

このへんはナイトアイボーテの説明書にも書いてありますね。

 

 

肝心の作り方は、とにかく基本と慣れ

 

 

というわけで前置きが長くなりましたが、ナイトアイボーテで綺麗な二重の作り方ですよね。

 

結論から言うと、

 

「基本のやりかたを外さない、あとは慣れ」ってことです。

 

基本って言うのは、自分に合った二重線を最初に決めてコロコロ買えない事。

 

あとはひたすら慣れるまで継続することです。

 

この2点さえ外さなければ、時間の長短はありますが、必ず理想の二重に近づいていきます。

 

 

就寝前に塗って寝る、を繰り返すだけ。

 

あとは時間がたてば朝起きてもナチュラルな二重ができてきますし、時間をかけるほど元に戻らなくなります。

 

まずは自分のまぶただけでなく、顔全体のバランスから見て見るといいでしょうね。

 

上手な使い方がわからないって方は、

 

→ナイトアイボーテ、使い方のコツ

 

を参考にしてみてください!