朝も昼もクセ付け?ナイトアイボーテを日中使う5つのメリットとは

ナイトアイボーテを日中使う5つのメリット

 

 

ナイトアイボーテは基本的に就寝前に塗って寝ている間に二重グセを付ける商品ですが、もう一度塗りなおしての間中にクセ付けする人もいらっしゃいますよね。日中使う事のメリットって結構ありますが、どのくらいわかりますか?

 

 

プチ整形よりはるかに安く二重にできる

 

 

昼間使う事で二重が実現したら、まぶたのプチ整形をするよりはるかに安い費用で二重をゲットできます。

 

プチ整形の費用は、埋没法が5万〜10万くらい、切開法が20〜30万くらいです…

 

ナイトアイボーテで理想の二重を作れるまで1年かかったとしても全然安いです。何分の1もかからない場合もありますよね。

 

昼間も使う事によって期間もかからず、人によったら1〜2か月で二重になったって方も多いです。

 

 

起きているので意識して使えるしトラブルを避けられる

 

 

寝ている間はどうしても無意識なので、顔を枕や布団にこすりつけてしまったり、目をこすってしまうなどのアクシデントがあります。

 

寝相がよくって自信がある、一晩中仰向けで寝ることができる!って方なら問題ないのですが、朝起きて何回かに1回はナイトアイボーテがとれてたってことも珍しくないですよね。

 

起きている間は意識が働いていますので、こういったトラブルを避けることができますね。

 

 

上手く使えば早く理想の二重が実現する

 

 

当然ですが、クセ付けの時間が長ければ長いほどまぶたは早く二重になります。

 

夜クセ付けた線が消える前に塗ることもできますのでなおさらいいですよね。

 

 

アイプチを使うよりお肌への負担が少ない

 

 

よく夜はナイトアイボーテ、昼間はアイプチって方も多いです。

 

以前からアイプチを使っていた方は慣れているので仕方ないことだと思いますが、アイプチでクセ付けするよりナイトアイボーテを使った方がいいです。

 

アイプチは二重の糊、つまり接着作用のみですが、ナイトアイボーテは、美容成分がたくさん配合されているのが特徴です。

 

クセ付けしているまぶたを保湿成分が潤いをキープして肌荒れを防ぎ、消炎成分が腫れや赤みを防止してくれて、収れん(引き締め)成分がお肌をグッと引き締めてくれます。

 

あと、血行促進成分やお肌を柔軟にする成分、かゆみやアレルギーを抑える成分も配合されています。

 

またこれらの美容成分ってすべて自生している植物の天然成分ですので贅沢ですよね。

 

二重をつくるのと同時にまぶたのケアもしてくれますので、アイプチを使うよりナイトアイボーテを使う方が断然いいってことですよね。

 

 

短期でクセがつくので、夜だけの使用に戻してもOK

 

 

これも一つのやり方なんですが、使い始めてしばらくの間だけ夜と昼併用するって方法です。

 

そして、少しクセが付いてきたな〜って時に本来の夜だけ使うって方法ですね。

 

短期間だけの昼使用ですけど、忙しくって時間がなかなか取れないとか、すぐにクセがついたみたいって方はこの方法でOKですね。

 

 

アイメイクと併用もできる

 

 

これももちろんなんですが、ナイトアイボーテを塗った上からアイメイクも使えるってことですね。

 

つまり、見た目普段と変わらず二重のクセをどんどんつけることができるってことです。

 

アイシャドウがうまく乗らないって方はあえて順番を変えて先にメイクをして試してみるって方法もありですよ。

 

 

 

昼間使う事のデメリットって?

 

 

ナイトアイボーテは基本就寝時にクセ付けしますので夜用です。名前にも「ナイト」がついていますしね(^^)

 

ですから昼間使うにはデメリットもありますのでいくつか挙げておきます。

 

注意しながら使ってみてくださいね。

 

 

1ヶ月1本ではもたない

 

ナイトアイボーテは、1本で約1ヶ月使い切るくらいの量になっています。

 

定期コースで1ヶ月ごとにとどきますからね。

 

ですので昼夜使っていると当然早くなくなってしまいます。

 

対策としたら、昼使うのは3日に1回とか、休日だけとか、連休などまとまった休みが取れた時とかにするなどの工夫が必要ですね。

 

 

敏感肌の方はまぶたに負担を感じることも

 

どんな化粧品でも全員が全員に合うってこともありません。

 

天然成分や無添加無着色とかでも、肌質によっては合わないって方もいらっしゃいます。

 

ナイトアイボーテに限ったことではないのですが、夜も昼も使っているとどうしてもまぶたに過剰に負担がかかってしまう方もいます。

 

そんな時は、本来の夜だけ使いに戻してみるか、少しお休みしてみるのも方法ですね。

 

まぶたの皮膚はお肌の中でも特に薄くて敏感です。

 

敏感肌の方やアレルギーを持っている方は注意して使いましょうね。

 

 

朝完全に落としてから塗りなおすので時間がかかる

 

朝にナイトアイボーテを塗りなおすには、前の晩の分を完全に落とさなくてはいけません。

 

ですから当然、朝起きて、蒸しタオルやクレンジングやリムーバーなどできれいに落として、その上からクセ付けして、そしてナイトアイボーテを塗るって作業が必要です。

 

通常夜使っているより倍くらい時間がかかってしまう事もありますのでその分早起きしなくちゃいけませんね。

 

仕事が忙しい方とか、朝が弱い方は慣れるまで結構シンドイかも知れません…(-_-)

 

 

まばたきが多い人は注意が必要

 

メリットのところに書いた逆パターンです。

 

昼間は寝相や目をこすってしまう事を心配しなくていい代わりに、「まばたき」の回数が多くなります。

 

ナイトアイボーテは寝ている=目を閉じている間にクセが付きやすいって特徴があります。

 

まばたきの回数が多いかな〜って普段から感じてる方は少し注意が必要かも。

 

まぶたの動きが多いとせっかく塗ったナイトアイボーテがとれちゃう事もあります。

 

でも、まばたきは目にとって必要なことですので、メチャクチャ我慢するとかはしないでくださいね(^^;

 

 

時には汗で取れちゃうことも…

 

夏場とかは汗をかきますよね。

 

なるべく汗をかかない場所にいるのも大事ですが、それは困難です…

 

汗そのものとか、汗をぬぐった刺激で取れたりしまので注意が必要です。

 

 

以上がナイトアイボーテを昼間使うときのメリットデメリットでした。

 

両方とも理解したうえであなたにあった使い方をしてみてくださいね。

 

 

補足ですが昼間使うときの注意点は、

 

(1)夜より薄めに塗る

 

(2)時々まぶたを休ませる日も作る

 

ってことです。

 

 

あせらず上手に使って二重まぶたを作っていきましょう♪

 

 

>ナイトアイボーテの口コミは?